Sewayaki's Blog

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

日本の原発問題を外から見ると...

「地球は青かった!」

(1961年に人類で初めて外から地球をながめたときのガガーリン言葉)

外から見ると
放射能の雲だけでなくて
人の思考を麻痺させるかのような
自由な発言を封じ込めるかのような気配が
立ち込めているかのように見えます。それが
どこから出てきて、どのようにしてひろまったのか
そういうことを考えることが遠回りのようであっても
日本の原発事故問題の一番確実な解決の糸口ではないか
と思うのです。 なぜかと言えば、日本の原発問題は、日本の
国土全体を覆う、人を麻痺させるようなもやの後ろから
自然発生的に出てきた産物ではないかと,そう直感的に
感じるからです。もしそれが当たっているとしたら、
このもやもやの後ろにあるものの正体を見極めさえ
すればいい。そしてそれを取り除けばいい。
日本人には、きっとそれができる。
私にはその確信があります。
チャンス到来です。

 

2011年3月11日の福島原発事故後、 自分の世の中を見る目がガラッと変わってしまったという人が多いと思います。 私もその1人です。

1977年以来38年ドイツ(当時は「西ドイツ」でしたが)に住んでいます。 たまたま一時帰国で日本にいるときに原発事故が福島で起きました。

すぐにベルリンにいる娘から電話があり、 「メルトダウンしている恐れがあるから、なんとかして早くドイツに帰ってきて!」 と言われました。

ところがNHKでは、メルトダウンについては何も言わず、 「プルトニウムは紙一枚で防げます。」なんて解説していました。

それを聞いた両親や弟は「たいしたことなさそうだ。」と安心した様子でした。 気のいい弟など「福島の野菜や魚を食べて福島の人を応援しよう。」と本気で考えていました。 (自分だけ食べるのなら まだ かまわないけれど、 自分の娘や幼い孫にまでそれを押し付けようとするのにはまいりましたが・・・)

たとえプルトニウムが紙一枚で防げたとしても、 海や川や山や田んぼや畑をどうやって紙で覆うことができるのか? テレビの見すぎで想像力をなくしてしまったのか、 NHKのこの説明を変だと言う人もいませんでした。

この事故が起きてから、日本の大手メディアが信頼できなくなりました。 以後、それまで、メールも書いたことがなかった私でしたが、 必要に迫られて、インターネットで信頼できそうな情報を集めては、 日本にいる家族や友人に知らせるようになりました。

その年の7月に問題の核心になるものがつかめたと感じたので、 それを17ページのメッセージにまとめて何人かの知人に送りました。 (「日本の原発問題を外から見ると・・・」

しかし、半分以上の人に拒否されました。 「ミザル、イワザル、キカザル」が日本人の本質になってしまっているのでしょうか? 弟には「自分の家族のために全力を尽くしているんだよ。 そういう余計なことは考えたくない。」と言われました。

でも想像してみてください。 たとえ、自分の家族のために居心地のよい船室を確保できたとしても、 船長が戦闘地域にその船を誘導しようとしていたら、 それをなんとか止めさせる努力をしなくてもいいものでしょうか?

そして、事故から4年半たとうとしている今、 息子から「blogを開設する」という誕生日のプレゼントをもらいました。 これからしばらくは彼の助けを借りてとりあえずは始めてみることにしました。 「船の進行方向を少しでも変えられたら」という希望を捨てないで・・・

(2015年8月29日)