Sewayaki's Blog

あの二個は「人体実験」だった!

史実を認める勇気を!

「核と日本〕」を動画でたどる

日米安保で日本、経済破綻か?!

経済制裁で墓穴を掘る似たもの同士

「有志連合」って?

国民民主、改憲勢力へ鞍替えか?!

第25回参議院選挙から民意を汲み取ると

「官邸参戦?静岡に異変」

自民党の街頭演説で

自民党の街頭演説で

候補者の政策課題

参院選の主要争点にすべきは、これ doc

国民の生活苦など、鼻にもかけない自民党!

「複雑心奇形」に放射能の影響が!?

血税で欠陥機大量購入

米国のママが始めた運動が世界の潮流に!

松下電器中国の「厳正声明文」

除草剤で発癌リスク「41%増」?!

「森林経営管理法改正法案」審議中!

「種苗法改正」

憲法学の「神様」樋口陽一氏にIWJがインタビュー

古館伊知郎が訴える緊急事態条項の危うさ

アベノミクスの尻拭いを緊急事態条項で

統一した韓国と北朝鮮は機会の地だ

政治を正す方法

日米安保関係の原理原則 2

日米安保関係の原理原則 1

「アベノミクス」の偽装を暴く 3)

『維新の正体』

「 金子文子と朴烈」

「アベノミクス」の偽装を暴く 2)

小川淳也衆議院議員の演説

ベネズエラの平和と安定のために

ベネズエラ情勢

医療費削減のため安楽死

「アベノミクス」の偽装を暴く 1)

『アメリカの汚名』2)

『アメリカの汚名』1)

米中覇権交代 2)

米中覇権交代 1)

水道の「再公営化」

水道法改正が成立!

大阪日日新聞論説委員

「徴用工」と「外国人技能実習生」

爪を隠した新緊急事態条項

全国知事会が…!

沖縄米軍基地に関するデマ検証

『全土基地方式』

日本列島“不沈空母化“

『英語化は愚民化』

植民地化の言語政策

改憲勢力を動かす巨大な闇の力

集団強姦事件またもや不起訴に!

「国民の権利」を「国民の義務」に?!

原爆投下の日に

「ナチスの手口」から学んだ?!

ギャンブル依存症

北朝鮮専門の課が新設

カジノ実施法案

「災害」 と 「緊急事態条項」

KAROSHI 大国日本

「働かせホーダイ」

家庭菜園でも自家採種はできない?!

ゆがめられた政治と教育

子宮頸癌ワクチン

市民の不満爆発!

偽証・捏造・改竄

米国の軍事オプション

「教育の独立を守った!」

教育現場不当介入

「都迷惑防止条例改正」

「原発忌」

文書改ざん認める

道徳教育の教科化

マイナンバー不記載

『アメリカの汚名』

「眼横鼻直」

憲法改正より日米地位協定の改定を!

労働時間延長の偉大な効果

村本大輔氏・爆笑コント

「戦争放棄」だけが生き延びる道!

1945年を繰り返すな!

イタリアの「五つ星運動」

米国の軍事オプション

「全滅させられる訓練」!

「指揮権密約」で自衛隊は…!

「種子を支配するものが世界を制する」

「民進党分裂」に関する極秘報告書

トランプ米大統領訪日

「野党再編」と 「野党共闘」

安倍総理、国連総会で演説

衆院解散選挙 2017年10月

プーチンが北朝鮮問題を解決する

福沢諭吉 と「ブラック企業」化の関係は?

日本の学校教育の「アメリカ化」

核シェルターより「草の根 反核運動」

よみがえる亡霊

忖度を生む「内閣府の肥大化」

「日本会議の研究」

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

「アベノミクス」の偽装を暴く 3)

「アベノミクス」の偽装を暴く 3)

小川淳也衆議院議員インタビュー第二弾2019.3.14
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/444735 (ハイライト 8分56秒)文字起こし・編集はセワヤキ

NHKの報道

小川∶ 私の(根元厚生労働相不信任案)趣旨弁明演説に関するNHKの報道があまりにひどかったと訴える声を複数聞いて、後で確認してみた。問題は2つあります。まず、これは私の演説であると同時に、野党5会派を代表する主張でしたから、どういう主張だったかの骨子を伝えるべきだったのに、それを全く伝えなかったこと。二つ目は、脱水・酸欠防止のため演説中に水を飲んだのですが、それを、時間稼ぎの目的で故意に水を飲んで議長に注意されたかのような、事実に反するナレーションを入れていたこと。事実誤認で、放送法違反ではないのか。 NHKは毎年の予算や会長人事を政府与党に握られていて、霞ヶ関同様「忖度」する構造だという同情するべき点もあるが、受信料を払っている視聴者の半分は政権に批判的であるとの仮定で、両方の角度から真実を伝えるのが大原則です。500万人から1000万人が見ているので、事実を曲げた報道は、民主主義を成立させるうえで、重大な罪を犯すことになります。」(NHKの悪意ある切り取り編集https://hbol.jp/187300/2

2019年度の予算案 (一般会計総額が過去最大の101兆4571億円)

小川∶増えているのは、防衛費と社会保障費です。防衛費は第二次安倍政権以来、年々増えています。社会保障費は抜本的な問題で、小手先の改革ではどうにもならないところまで追い込まれている。本当のことをきちんと国民と話し合おうよという姿勢を持った政権でなければ、とてもこの難局は乗りきれない。そういう矛盾が凝縮されているのがこの101兆という途方もない予算案です。この多くは借金(国債新規発行と償還、利払い、借り換え)によって賄われるので、経済がよくない状態で消費増税を本当にやるのか、そのとき経済はどうなるのか、予断を許さない。

グローバル経済で政治が機能不全に!

小川∶政治のサイズと経済のサイズが大きくズレてしまった。経済のサイズが国境を越えているのに、それに合う国際政治が存在しない。グロバル企業がただ利益を貪って、貯めこんで、多くの人々の生活・雇用を不安定たらしめる。「政治が適正に介入しない経済は、正に猛獣だ」というぐらいの認識に立つべき。グロバル企業がタックスヘイブンなどで貯めこんだ暴利は誰の公共福祉のためにも使われていない。ここに国際政治が挙げて乗り出さないと、世界の再安定化にはつながらないのではという危機感を持っています。どういう形で世界中に仲間を作って、超大国の理解を得ながら、世界のルールを公平なものにしていくかを追究するのがこれからの課題です。21世紀の課題は、グロバル経済にふさわしい「グロバルポリティックス」を発明、開発していくこと。つまり、政治のサイズを経済のサイズに拡張していくことを考えなければならない。その方向で是非やっていきたい。

グロバル企業が安い人件費を求めて世界を駆け巡ることで発展途上国の中間層の所得は上がっている。そのあおりで、先進国の中間層の所得は下がっている。すべてのシステム開発をした先進国の富裕層の所得は上がっている。といういびつな形での再分配がおきているわけです。トランプ現象などの原動力は、この落ちぶれてしまった先進国の中間層の怒りから出ている。これに適正に対処する経済、財政、課税、再分配の仕組みを開発しないと世界は安定しない。これまでの、経済の高成長、雇用の拡大、賃金上昇という右肩上がりの『勝利の方程式』が崩れている。

アベノミクスで極端な円安政策をとり始めてから円安になり、ドル建てで見たGDPがものすごく下がっている。一人当たりのGDPをドル建てでみると 先進国の最下位水準まで落ちている。世界から観光客が来てたくさん買ってくれているというのは、まさに途上国型の経済構造に移行しつつあるんだと、日本に行ったほうが安いんだ、おいしいものを食べられ、安いホテルに泊まれ、たくさん買い物ができるんだと、日本が昔、東南アジアに行ってやってきたことを、反対にやられる時代になってきたんだと、そういうシビアな認識が必要だと思います。

持続可能な未来へ

小川∶人口も経済も成長すべきという幻想があります。明治維新まで3000万人であった日本の人口は、産業資本主義が導入された明治から、ピラミッド型に伸びてきて、百数十年で4倍になった。では、環境も経済も上限に達した今、はたして、1億2000万の日本人口を(また70億の世界人口を)、これからも増やすべきなのか。この百数十年で4倍になった日本の人口は、これからの百数十年で徐々に減っていき、やがてそれが均衡状態・定常状態に落ち着くでしょう。制御された経済と社会制度、そこに移行するまでの、この数十年が一番しんどい。そういう認識にこれからは立つべきだと思います。

日本は世界の最前線でこの人口減少という問題に直面しているのですが、実は今、過疎化が最も進んでいたような地域で、この高齢化率の上昇が止まり、人口減少が止まり、均衡状態が実現しつつあるのです。この均衡状態を日本中に実現させることで、まずこの日本列島から持続可能な未来に向けて、世界に先駆けて変化を起こそうじゃないか、そう腹をくくるべき時を迎えつつあると思っています。新たな思想・哲学のもとに世界の社会と経済を組み立てなおして、その中に日本列島を位置づけ、世界が新たな時代に入る際のリード役を果たす。そういうことが日本に求められているのではないか。

エネルギー消費が江戸時代程度であれば、日本列島が養える人口は3000万人ということです。日本列島で、エネルギー消費を均衡にもっていった場合、何人住めるか。日本国としての同一性を失わない範囲でこの国と社会を運営していくにあたり、外国人の活力を借りるとすれば、どのぐらいの割合なのか。そういう命題設定が必要になると思います。ナニジンであってもひとりの人間だいう前提で、日本中で包摂していくという覚悟・見識が求められると思います。

今の社会は「成長教」の信仰状態にあり、GDPの上下に一喜一憂しているが、それは過去30年に出てきた現象にすぎない。それ以前の長い歴史の中では、GDP統計など存在していなかったのですから、そろそろこの「GDP教」から決別・脱却して、経済や社会の繁栄なり、そこで生きる人達の幸福感なり、これまでとは違ったモノサシで見るべきではないか。「GDP教」は世界を統合した初めての一神教のようなもので、確かに便利な数字であり、大変大きな誘惑であることは間違いないですが、複眼的な、人間の人生設計をする上での持続可能性という、新たな価値に重きを置きなおすことが必要じゃないかと思います。

世界規模での政治はどうあるべきか

小川∶国連軍創設とか世界政府と呼べるものまで必用なのかという話になると壮大すぎますが、経済のサイズが世界化しているのは事実ですから、そのサイズに適合した国際課税をやるべきだと思います。具体的に言えば、法人税率のダンピング競争を止め、世界中のどこで収益を上げても同じ法人税率で払ってもらう。その一部を世界的に再分配すれば、ずいぶん世界は安定するのではないかという希望を持っています。国連できちんとこういうこと討議すべきだと思います。

G7がやがてG0(ゼロ)になり、一国だけでは、もはや世界に圧倒的なパワーとして存在しえない。やはり国際的な民主主義のシステム以外に、多分世界を統治するシステムはないんじゃないかと思います。国際的な合意形成のシステム作りです。例えば、EUの合意形成のシステムはすごいシステムです。各国が大小にかかわらず投票権を持ち、別途に人口にあわせた投票権も持つんです。さらにそれにあわせて補正された投票権も持つ。これは、国際的な意思決定をする合意システムがどう工夫すればできるかという苦心の技なんです。例えば、国連の今の実態は、安保理では第二次世界大戦の戦勝国が拒否権を持っていることで、国連としての意思決定が容易にはできません。これを変え、複合的な意思決定のシステムを国連の内部で開発しなければならないと思います。

法人税率の統合は最初の一歩として極めて有効でしょう。ただし、私は世界政府論者ではありません。むしろ、例えば「子供達の教育」とか「文化」とか「伝統」とかは、今の国のサイズでも大きすぎると思っています。スコットランドでは独立の気運があります。沖縄でも独自の制度で歴史や文化を大事にしたいというナショナリズムがあります。これは世界中の現象なんです。帝国主義の中で勝手な線引きをしてできた国境ですから、 地域がもっと多様化してもいい部分がある。統合すべきを統合する、多様化すべきを多様化する、一見逆のベクトルが同時並行で進むような21世紀を描くべきだと思います。

これから中国がアジアでどういう立ち居振る舞いをするかが死活的に重要です。この数千年の歴史を振り返ると、漢民族が政権にあるときはあまり世界に膨張する政策はとっていないんです。もし中国が対外膨張政策・覇権政策の遺伝子を持っていたとしたら、今のアジアはもっと混乱していたでしょう。アヘン戦争以後中国は気の毒な目にあってきていて、今その反動で少しマッチョになっていますが、それも落ち着くときがやがてきて、中国は世界で最後の超大国として残るでしょう。そのとき、過去の中国がそうであったように、大国にふさわしい、「徳政を宗とした王道政治」をめざす国家になってもらえれば、アジアも世界も安定するはずです。

「嘘・改竄」に明け暮れる安倍政治との戦い

小川∶どのタイミングに、何をきっかけに、本当の現実を直視する日本社会を取り戻すか、という戦いに打って出なくてはならないと思っています。そのときに鍵となるのは、人口減少とか高齢化を含めて、不都合な現実をどれだけ国民を挙げて直視することができるか、そして政治がそれを乗り越える術・ビジョンを提示し説得する能力を持てるか、です。 そしてそのときに、不都合なことを含めて説明してくる政治を、国民は信頼できるかどうか。 国民が政治を信頼できないとすれば、それは政治家が国民を信頼していないからなので、私は国民を信用しきるところからスタートしたいと思っています。

5年前に今後の日本はどう在るべきかということを体系的にまとめた「日本改革原案」という題の本を書きましたが、書く決心をするまで、「こんなことを書いて大丈夫だろうか、選挙で得票を減らさないだろうか」とすごく怖かったんです。でもそのときに、これは自分が国民を信じきれていないから書けないんだなと気づいたんです。国民を信用していたら書くべきだし、書けるはずだと。相当耳の痛い現実を含むんですが、そこを直視して、その先にどういう社会を描くか、ということに徹底してこだわったものを書き上げました。この路線は揺るがさずに徹底していきたいと思っています。

IWJ岩上アメリカとの関係をこれからどうするのか。

小川∶オバマですら、「世界の警察はやめた」と言い、トランプは「自国第一だ」と明確に言っています。「日本はアメリカとどこまで心中する関係であり続けるつもりなのか」は、本当に歴史的な命題です。戦争というのが一つのやり方、戦争に至らなくても財政破綻というのが一つの始末のつけ方・・・外国人保有の日本国債が10%にまで増えている状態で、小手先でどうなるというものでなく、相当な哲学・歴史観を元に長期展望を描く…

IWJ岩上∶ 衆参W戦で改憲し、できた「緊急事態条項」を使って国債を紙くずにすれば、アベノミクス失敗も隠蔽できる?!「経済敗戦」?

小川∶ナチスの前例があるわけですから、改憲発議させないよう野党は頑張ります!

※ 2019.3.1本会議での小川氏の1時間49分間に及ぶ国会での趣旨弁明演説
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48690&media_type=

※国会演説「幻のスピーチ」を全文公開!https://iwj.co.jp/wj/open/archives/444242

※小川淳也公式サイトhttp://www.junbo.org/index.html

小川氏の2回にわたるインタビューは単品購入の価値ありです。
単品購入∶岩上氏のインタビューはIWJ会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円です。なお、一般の記事は会員以外の方は1本300円です。
https://iwj.co.jp/wj/open/ordertest