Sewayaki's Blog

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?


「戦争法案」が強行採決されて、これからいよいよ日本の自衛隊も、米軍といっしょに(米軍の代わりに?)出動(出兵?)することになりそうです。そうしたら、イギリスやフランスでのテロ事件の例を見るまでもなく、国内外の日本人もテロの犠牲になる可能性が出てきます。そしていつか、「今までのテロはまだ序の口だった」と振り返ることになるかもしれません。(日本に54基、フランスに59基ある原発がねらわれたり、まちがって流れ弾が当たったり・・・)

こういう一連の現象を見ていると、ブッダの説いた「因果応報」という言葉が頭に浮かびます。
「原因」があり、その自然の帰結としての「結果」がある。
その「結果」がまた「原因」となり次の「結果」を生む。 

福島の原発事故などそのいい例だと思います。その「因果応報」の糸をたどってみると・・・
米国の占領軍が、日本の戦犯達(岸信介ら)を利用することによって、日本を自国に都合のよい国にしようともくろんでいた。その結果、「戦犯の亡霊たち」の集まりである自民党政府が戦後ずっと続くことになった。そして双方の思惑により、日本が原発技術を米国から買い入れることが可能となった。その背後に見え隠れしているのは、「戦犯の亡霊たち」の「核を持って、再び戦前のようにアジアに(いや、世界に?)君臨したい」という野心だった。「戦犯の亡霊たち」にとっては、国民の人権(この場合、健康な生活をする権利)など、もともと眼中になかったから、54基もの原発を地震大国に建てさせ、危険(被曝)など無いふりをして、安全対策を怠ってきた。その当然の結果として福島の原発事故がある・・・というようなことになるでしょうか。

そういう見方をすれば、米国の現在のありようは、あの大陸に勝手に入り込み先住民を滅亡させたその時点で、すでに方向付けられてしまったとも言えます。ヒロシマ、ベトナム、アフガニスタン、イラク、リビア、 シリアと一直線に続いている?(➡https://www.youtube.com/watch?v=5ePR-KBvaX8    ➡ http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2700.html  )

下の動画の元共同通信記者・浅野健一氏の言葉を聴いていて、フランスで起きた今度のテロ事件もそういう「因果応報」の一種ではないかと思いました。この「暴力の連鎖」を断ち切るためには、フランス人だけでなく、全人類が知恵を出し合わなくてはならないと思います。( パリ同時多発テロ事件についての部分のみをまとめた動画 約30分 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/275046

日本は仏教国とされていますが、ブッタの教えの根本にまでさかのぼれば、
「不幸の連鎖を断ち切るには、あらゆる煩悩から離れて、事実を偏見なしで認識する努力をしなくて
はならない。そうすればおのずと、それまで当然と思い込んでいたものが、実は偏見の塊であったこ
とがわかってくるだろう。そうしてこそ初めて、現状を正しく把握できるようになるのであり、そこからようやく解決の道が啓けてくる。」
ということでしょうか。「ただ念仏を唱えるだけではなく、偏見にとらわれずに(洗脳されずに)、真実を見極める力をつけるべく修行せよ」、ということだと思います。

そういう知恵を、平和学の第一人者で「積極的平和」(安倍総理の言うものではなく本物)の提唱者であるノルウェーの平和学者、ガルトゥング博士が、以下のインタビューで、日本に向かって提案しています。
「日本は、『北東アジア共同体』の『専守防衛的防衛戦略』を、『米国との友好関係』にプラスしてください。そうすることによって、太平洋全域に及ぶ『平和の傘』(核の傘ではない)ができます。米国が牛耳る秘密の経済協定であるTPPや、世界中で戦争する米国との軍事協力(集団的自衛権行使)よりもこのほうがはるかに優れています。米国がこれまでに138ヵ国と戦ってきたという事実を考えてみてください。日本は本当に米軍と組んでそんなことに関わりたいのですか?」 (➡ http://iwj.co.jp/wj/open/archives/258667 全編字幕付き 2015/08/19 )
でも、ここまで暴力の連鎖が広がったあとで、はたしてそれが可能かどうか? 背後に宗教や文化の違いに対する「不寛容!」があるので、そうとう難しいと思います。東京大学名誉教授・板垣雄三氏が以前IWJのインタビューで「このままいくと、世界は近い将来『共滅』の時代に入るでしょうhttp://iwj.co.jp/wj/open/archives/159297と言っておられたことが忘れられません。世界が「共滅」の段階に入るのを待たずに「沈没」してしまいそうな気配が今の日本にはあります。「みんなで楽しくNHKテレビの娯楽番組など見ながら沈没していく・・・!」

世界を見回してみて、日本は本当にすばらしい、無限の可能性を秘めた国だと感じます。その日本を、どうして日本人みずからが、沈没させなくてはならないのでしょうか。学校教育やメディアを使って、「空気を読ませる」ことを訓練し、また強要しています。それによって、すばらしいアイディアにあふれた優秀な人材まで萎縮させようとしています。世界の「表現の自由ランキング」ではついに61位にまで下がってしまいました。( ➡http://ecodb.net/ranking/pfi.html

それにも飽き足らず、自民党政権は、「マイナンバー制」、「共謀罪*」、「秘密保護法*」、
などを利用して、国民をさらにがんじがらめにしようとしています。そして極め付きが「自民党改憲案*」です。これが実現されてしまうと、戦争が可能になるだけでなく、表現の自由などの基本的人権が大幅に制限されるようになります。 これは戦前の欽定憲法*に極似したシロモノです。
http://bit.ly/1dN8iRe
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/275393   
https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4A
https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8

さらに、恐ろしいことに、震災対策を理由に「緊急事態条項」を最初の「改憲項目」として発議する
考えです。( ➡https://www.facebook.com/hiroshi.uchiyama.73/posts/817222045026984

2015/05/01 自民党が憲法改正で盛り込む「国家緊急権(緊急事態条項)」はナチス以上!? 大震災の被災地で動いた弁護士らが、全権委任法も含まれた国家緊急権の「正体」に迫る!http://iwj.co.jp/wj/open/archives/244316

兵庫の永井幸寿弁護士: 戦前の濫用の反省を踏まえ、現行の日本国憲法では、あえて「国家緊急権」を設けなかった。しかし、非常事態への対応は必要であることから、厳重な要件のもと、災害対策基本法などの一般法で、緊急事態への対応が法整備されている。これは実質的に「災害時の国家緊急権」に相当する。憲法を改正し、国家緊急権を盛り込む必要性はない。ナチス・ドイツでヒトラーが総理大臣になったあと、何者かによって国会が放火され、翌日に国家緊急権が発動された。これは令状なく逮捕・拘束ができ、集会の自由などを禁止できるもの。そのときに『授権法(全権委任法)』を強行採決し、立法権を内閣に移譲させ、この状態は敗戦まで固定された。今回、自民党が憲法改正して設けようとしている国家緊急権は、ナチスの授権法に似ている。自民党の国家緊急権の場合、国会の権限を内閣に移譲する中身になっているので、授権法の制定さえいらない。ナチス以上のものだ。法律家として大変怖い中身になっていると思う。
岩手弁護士会・吉江暢洋氏: 国家緊急権の最大の問題点は人権を制約すること。震災でもっとも優先して考えなければいけないことは、「被災者の人権をどう守るか」ということだが、人権を制約する方向で議論を進めるのは本末転倒だ。では、なぜこんな議論をしているのか。その後ろに隠された意図を感じざるを得ない。災害を口実にすれば国民は納得する方向に流れていくのではないか。
福島県弁護士会で災害対策本部を立ち上げた渡邊真也氏: 国にしていただきたいのは改憲ではなく、次の災害の備えをすること。
日本は、「平和憲法」を広めることにより「共滅」から世界を救うことができるポジションにある唯一の国と言っても大げさではないと思います。 我々は「世界平和」に貢献する道をとるのか、それとも「共滅」に加担するのか? 来年夏の参院選でのチャンスが、まだ一応は残されています。しかし、 もしそこで、改憲勢力に3分の2を許してしまえば、「共滅」への道を下り始めるでしょう。

「日本丸」が今、危険水域に入ろうとしているという事実を周囲の人に是非とも知ってもらい、一人でも多くの人に、来年夏の参院選で護憲政党に一票を投じてくれるよう呼びかけてください。

よろしくお願いいたします。  2015年 11月 20日 セワヤキ www.sewayaki.de
追伸: 「安倍改憲案」の正体を暴露している本➡「前夜 〜日本国憲法と自民党改憲案を読み解く」