Sewayaki's Blog

福沢諭吉 と「ブラック企業」化の関係は?

日本の学校教育の「アメリカ化」

核シェルターより「草の根 反核運動」

よみがえる亡霊

忖度を生む「内閣府の肥大化」

「日本会議の研究」

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

「小さな火」が戦火に変わる

「忖度」のような「小さな火」 が戦火に変わる

「忖度(そんたく)」の根っこにあるのは官邸による官僚幹部人事の掌握!?
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/383440   2017.6.14(イントロ動画 15分24秒)

介入と忖度 水島朝穂氏、脚本家太田愛氏と対談http://www.asaho.com/jpn/index.html
(太田愛氏 ホームページ http://www.h7.dion.ne.jp/~glarphan/

「小さな火」が戦火に変わ

水島 (太田さんの脚本)『天上の葦』上巻に、「戦争は常に、すでに始まったもの、すでに起こってしまったこととして知らされる。どんな国の政府も、国民に戦争を始めていいですかとは尋ねない」とあります。(…)下巻ではある登場人物が「常に小さな火から始まるのです。そして闘えるのは、火が小さなうちだけなのです」と言う。小さな火が「巨大な火」へと変貌していく様はリアルです。

太田 以前は公道を歩けなかった考え方や言説が闊歩しています。いつの間にかネットには「非国民」という言葉があふれる。二度と耳にしたくなかった言葉が、大手を振って日常会話に溶け込む―それが「小さな火」の実感です。(…)

「自ら忖度し、『察して動け』」?

水島 太田さんは先のインタビューの中で、「今書かないと手遅れになるかもしれない」とおっしゃっていますけれども、この言葉の切迫性について聞かせてください。

太田 少なくとも、これまで70年余りなかったことが起こり始めています。特定秘密保護法案のあと、自民党が選挙報道に関して「中立」を求めました。すると、選挙自体を報道しない動きが出てくる。選挙に関する報道は、その前回の選挙時に比べて3分の2に減りました。街頭インタビューでも政権に対する批判的な言葉が一掃される。身の振り方の速さは、番組のキャストにも影響します。権力に批判的な発言をしてきたキャスターの方々が突然、画面から消えていく。(…)

水島 『天上の葦』には「察して動け」という言葉が繰り返し出てきますね。上は命令という証拠すら残さず部下に意向を汲ませて動かす。ご執筆のときには今ほど忖度問題が顕在化していませんでしたが、予兆を感じておられたのでしょうか。(…)

水島 (…)そのシステムの重要な役割を担うものに公安警察があります。(…)作中では、警察が学生運動の参加者を逮捕する口実として、わざと自分で転んで公務執行妨害で連行する「転び公妨」が出てきますね。

太田 取材の過程でリアルな声に触れました。中には、鉛筆を振られて、それを邪魔だと手で払っただけで公務執行妨害になった例までありました。

水島 その「転び公妨」と同様のことが沖縄では現在もおこなわれています。新基地反対運動リーダーを長期勾留するなど、戦前の手法と空気が復活したかのように見えます。(…)

分断される市民

太田 (…)そんな中で共謀罪が成立すれば、「シッ、共謀罪、共謀罪」と冗談半分に目配せをして半ば無意識に牽制しあうような空気が、生活レベルでジワジワと広がっていきそうな気がします。
(…)「プロ市民」と呼んで危険視したり、ウェブ上で「意識高い系」と揶揄したりする傾向が一層強まるのではないかと危惧します。(…)共謀罪が存在することで促進されるこのような市民の分断も軽視できないと思います。

憲法にこめられたメッセージ

水島 (…)そこで大事なのが憲法だと思うんですね。東日本大震災の時、絆を持ちなさい、とマスコミが率先して笑顔を拾いに行きました。憲法研究者の阪口正二郎さんは、東日本大震災直後のACジャパンのCMから、「空気」を読ませる行為に着目。「自粛」や、作られる「安心」が自由を脅かすおそれを指摘しました。こうしたことは太田さんも『天上の葦』でお書きになっていて、「当たり前」の自由がいかに薄氷の上にあるかを極上のエンタメとして表現していると、(憲法学者の)木村草太さんも激賞しています。 (…)

太田 日本国憲法は、筆舌に尽くしがたい戦争の惨禍を経験し、あのような思いは二度としたくない、地球上の誰にもさせたくないという多くの人びとの共通の思いを礎に、人間の英知によって恒久の平和を打ち立てる決意を表明しています。そこに示されるのは、戦時の対極にある社会――個が尊重され、理念や価値を強要されることなく、自由に、息苦しくなく生きられる社会です。(…)理不尽に虐げられている人びとに対する想像力が弱くなり、多様な価値観を認めない方向に進んでいるような気がします。

水島 (…)国家が市民社会にお節介する、指図する社会に、いまの日本はなっている。お見合いまで国家ぐるみで税金を使って。

太田 きちんとした雇用制度があり、生活の不安がなければお見合いをさせてくれなくても、自分で将来を選択します。(…)

水島 その通りです。家庭教育支援法案も、憲法24条に定める、個人と個人の結合に基づく結婚と家庭、という考え方とは真逆で、国家が家庭に過度に介入しようとしている。本来ならば、憲法の定めに従って、これ以上は入ってはいけないという公私の区別や自由の領域に、国家権力が野放図に、何の抑制もなしに入ってきてしまっている。さらに、法制局長官の頭をすげ替え、最高裁判事まで政治人事で動いた。司法の領域まで権力が言うことをきかせようとしています。 こうした動きは、最後に憲法改正で終わる。(…)

水島(…) 日本の憲法には大きく二つの特徴があります。一つは9条。対外的に国家権力が暴走した反省から、9条にはどの国よりも徹底的な戦争放棄戦力不保持を書いた。
そして、31条から40条までに書かれた刑事手続。逮捕、捜索、拷問されない権利が、人権条項の3分の1を占めているんです。これは、対内的に公安警察、特高が暴走したからです。戦前にあったような、「あいつは思想犯だ、非国民だ」とみんなで排除していく思想に陥ってはいけないというメッセージだと思います。戦争の犠牲の上に立ったこうした憲法を、一人ひとりが忘却しないようにしなければなりません。(…)

「あれだけ陰湿な政治をやった政権がもったためしはない!! 心ある官僚や警官と連帯して官邸と公務員の間に『(忖度でなく)ねじれ』を作れ!?」水島氏のスピーチ(共謀罪法案強行採決に反対する国会前緊急大抗議行動 2017.6.15)http://iwj.co.jp/wj/open/archives/383538