Sewayaki's Blog

「種子を支配するものが世界を制する」

「民進党分裂」に関する極秘報告書

トランプ米大統領訪日

「野党再編」と 「野党共闘」

安倍総理、国連総会で演説

衆院解散選挙 2017年10月

プーチンが北朝鮮問題を解決する

福沢諭吉 と「ブラック企業」化の関係は?

日本の学校教育の「アメリカ化」

核シェルターより「草の根 反核運動」

よみがえる亡霊

忖度を生む「内閣府の肥大化」

「日本会議の研究」

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』稲田朋美
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/350207 2016年12月2日
西尾正道・北海道がんセンター名誉院長西尾正道氏が意見陳述した。

「自民党は息を吐くようにウソをつく」
「かつて自民党は、『ウソはつかない!TPP断固反対!』と言ってました。稲田防衛大臣はかつて、『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』という発言をしてるが、個人が嘘をつくとかいうレベルではなく、党として嘘をついてる。 一体、国民は誰に投票したらいいんですか? 党の公約も破棄する。修正どころか180度違うことを言う。これは嘘としか言いようがない。これの、倫理的、道義的な問題はどうなっているんでしょう。恥ずかしくないんですかね? 何年か前には『断固反対』と言っていたのに。この様に、息を吐くように嘘をつかれたら、やってられません。国民は

そもそも6000ページにも及ぶ内容を本当に皆さん読んでいるんですか? 『情報を出して下さい』といっても、海苔弁当の段階です。(中身を)知らないで『赤信号みんなで渡れば怖くない』といって、皆さん賛成しようとしている訳です。冗談ではない。 条文をまともにチェックもしてないわけですから、実際には赤信号も見ないで渡ろうとしているわけです。これが今の現実です。実際にTPPというのは基本的に、歴史的には昔は『戦争』。今は『TPP』です。

昔は戦争を仕かけて国益を取りました。ところが、公然と核兵器を持つ時代になったら、お互い面と向かって戦争はできない。地域紛争はもちろん起こりますけども、国家として国同士がぶつかり合えないですから。むしろ、国を動かしているグローバル企業の利益を取るために、貿易上の仕組みを変えて利益を取ろうというのが、まさにTPPの本質です

米国の医療はとんでもなく高い。日本のGDPの20%以上を占めていますし、日本の7倍の医療費が使われている。TPPに入るってことは、結局アメリカナイズされた医療になるということです。もうお互いに『助け合う』とか、『共に生きる』という発想はないんです。とにかく、医療も完全に金儲けの道具になるというふうに考えて下さい。

実際に米国のロビー活動費を見たら、何がターゲットですか? 農業ではないんです。最大のターゲットは保険も含めた医療業界の仕かけです。 2013年の3月4日付けのタイムスに、28ページに渡る『米国医療の驚愕・医療ビジネス』という特集号が出ていました。こういう事によって日本の医療はたぶん、かなり大幅に変わると思います。

ちなみに米韓FTAが2012年に締結されましたけど、韓国の医療費は2年間で2倍になりました。日本は韓国の医療規模の4倍くらいありますから、おそらく、あっという間に膨大にお金が飛び上がる。今、オプシーボ(新型癌治療薬)を半額にしようという議論をやっていますが、そんな話じゃ全然なくなります。本当に深刻です。

1985年以来、とにかく日本の医療市場を解放する様に、アメリカはずっと働きかけてきました。最近では新薬創出加算の様なものを作ったりして、一様に、製薬会社が有利な形で日本市場に参入してきました。しかし、TPPは正にこういった、米国が日本の医療産業の解放を行う最後の仕上げだと僕は考えております。 ちなみに米国業界と保険業界の標的は日本市場であるという事は、全国保険団体連合会の寺尾さんの論文からサマリー(要約)を取ったものです」

「私が医者になった頃は、1ヶ月の抗癌剤は数千円でした。90年代になって数万円になりました。21世紀になって数十万円になりました。そして3年前の免疫チェックポイント阻害剤が出たら数百万円になりました。桁3つ違っていますが、TPPが締結されればどうなるか? 要するに、アメリカの製薬会社の言いなりの値段になりかねない。中医協(中央社会保険医療協議会)ではチェックできません。中医協のやっている事が透明性とか公平性を欠くとISD条項で訴えられたらできませんので、かなり製薬会社の意向を汲んだ価格になる

今、日本の医療費はパンクしつつありますが、そんな話では全然ありません。ダントツに日本の医療費は飛び抜けます。最終的には皆保険(医療制度)も実質的に崩壊すると考えております患者負担が増大し、混合医療が解禁されます。民間医療保険が拡大します。営利団体が医療産業に入ってきます。今でさえ、医薬品は3兆円以上の輸入超過になっていますが、もっとこれが広がっていく。このままでは日本の医療は崩壊し、日本人の健康は守られません。

具体的に何が想定されるのか。今、精神医療が医学的に効果があるということで、保険診療にしようとした場合、精神特薬をやっている医療会社が『利益を損ねるから』と訴えたら負けます。 新技術が保険診療にできない事態が考えられますし、実際の手術の術式まで特許料を取るというような事態になります。医療費も高くなりますので、国民は皆、医療保険に入らざるを得ない社会にもなりかねない」

「TPPの根底にある思考は本当に正しいのか。基本的にTPPの本質は、グローバル企業が一般国民を犠牲にした金儲けです。 自由貿易は善であるという前提ですが、国の状況や経済格差を考えてやるべきであって、これ自体が本当に良いかどうかは話が別です。産業革命以来、富の源泉というのは労働力でした。今は労働力ではなくなった。ロボットも使える、AI(人工知能)も使える。 そしたら何が富の源泉かというと、科学技術を持つか持たないかです。それがまさに富を生み出すものになる。そうすると、科学技術の負の側面は隠蔽するという事になりますし、そういうことが金儲けになっちゃうと、とんでもない格差ができます、経済的に。 それをどう社会正義や公平性を保って再配分するかというのが、本当の意味での政治家の仕事だと思います。こうした本質的にやるべきことをきちっとやらないで、どんどん企業が儲けるようなところに世界を誘導していくのは、とんでもない事だと思います」

「一人の人間として、共に生きるような日本社会をどう作るかということを、本当に真剣に考えて頂きたい。最後になりますが、生命を脅かすTPPの2つの大きな問題があります。今、医療問題を言いました。もう一つは健康問題です。

例えばこの40年間、ホルモン依存性の癌、僕が医者になった頃、女性の乳癌は1万5千人でした。今、9万人です。前立腺癌もほとんどいなかったけど、今9万人で男性の罹患者数のトップになりました。卵巣癌もどんどん増えている。子宮体癌も増えている。ホルモン依存性の癌は5倍になっているんですよ。この40年間でアメリカの牛肉消費量は5倍になりました。エストロゲン入り餌を与えて1割生産性を高めて、そういう肉を食べている日本人もアメリカ人もホルモン依存性の癌が5倍になっているのです。

それから耐性菌もそうですね。豚や鶏には抗生物質入りの餌を与えて生産を高めている。そのため、人間が肺炎になってもなかなか薬が効かないという問題もあります。

それから残留農薬が世界一緩和されている。とんでもない話だ。今、一番使われているネオニコチノイド系の農薬が自閉症の原因であることが突止められてます。小児の神経発達障害のアスペルガー症候群も含めてトータルの子供の精神発達障害の原因がこの農薬です。 最近、WHOはネオニコチノイド系の農薬は発癌にも関係しているとBランクにランキングされました。それから認知症にも関係している。鬱病にも関係しているという報告がどんどんと出てきている。このままいけばアメリカの若者や子ども達が、二人に一人が自閉症になるよという論文が、ハーバード大学から去年論文が出ました。本当に深刻なんですね」

遺伝子組換えも日本人が一番食べてる。アメリカにとって、大豆やトウモロコシは家畜の餌です。ところが日本人は納豆で大豆食べます。味噌や醤油の原材料です。一番食生活で、遺伝子組み換えの影響を受けるのは日本人の食生活なんです。 こういう事が全くチェックされないで、世界一、遺伝子組み換え食品が普及している。日本人の健康そのものが保てません癌の患者さんが増えているのは高齢者だけじゃないのです。食生活を含めて増えているし、更にもっと深刻なのは、昔60歳以上になって癌になっていたのが、今は40代がザラです。約20年、若年化して癌になっています。これが現実です、僕の実感として。

自分達の国で農薬を規制したり、遺伝子組み換えを表示したりすることが、TPPに入った場合、できなくなってしまうんです。日本の国の決まりよりもTPPの方が上位にある訳です。こういう現実を冷静に考えて頂きたい。

最近では遺伝子組み換えで、鮭も5倍くらい大きいものが作られていますよね。これも規制しなくていいのってことですよね。本当に何があるか分かりませんよ。子宮頸癌ワクチンだって、今までワクチンは不活化ワクチンか弱毒化ワクチンの作り方で作っていたんです。だから大きな問題は起きなかった子宮頸癌ワクチンは遺伝子組み換え技術で作っているんです。更に効果を高める為に、アルミニウムの様なアジュバント(補助剤)を加えて作っているから、ああいう予期しない問題が起こっちゃう訳です。もう少し冷静に、命を重視する、お金よりも命を大事にするっていう発想に切り替えるべきだと思います。

最後に、大変深刻なのは、今、福島から出ている放射性物質、これは微粒子として浮遊しています。残念ながら。そういうものと、農薬も含めた化学物質が人間の身体に入った場合、相乗的に発ガンするって事が動物実験で分かっています。 こういう多重複合汚染の社会になってきて、恐らく2人に1人が癌になると言われていますけども、たぶん20〜30年経ったら3人のうち2人はガンになります。僕はとっくに死んでいますから、若い議員さんは是非確かめてください。 この場で西尾が嘘を言ったかどうか確かめて欲しい。本当に癌がどんどん増える社会になります。自分たちの国できちんと法律で、ある程度規制できるような体制を作る為には、決してTPPに加入すべきではないと私は思っております」