Sewayaki's Blog

福沢諭吉 と「ブラック企業」化の関係は?

日本の学校教育の「アメリカ化」

核シェルターより「草の根 反核運動」

よみがえる亡霊

忖度を生む「内閣府の肥大化」

「日本会議の研究」

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

今、沖縄で 起こっていることは鎮圧だ!
日本がアメリカの代理戦争を担わされる。
そのための準備が着々と沖縄周辺で進められている。
対米従属の成れの果て!http://iwj.co.jp/wj/open/archives/321323
(2016.7.28  ハイライト動画  5分18秒)

「オスプレイはアメリカでは飛んでいない。ハワイでは、風圧でハワイの遺跡が破壊されたり、野生のコウモリに影響を与える可能性があるという理由で中止に。」(オスプレイの凄まじさ 7月14日 市民が撮影)https://youtu.be/xlPnBqAbMuE

「ともかくオスプレイは爆音と熱風がひどい。しかも血管をゆさぶるような強烈な低周波の振動なので、子どもや病気の人には耐えがたい。嘉手納も騒音がひどく、騒音だけで年間4人が確実に死んでいるといわれている地域だが、オスプレイが飛びまくる高江など、人体への被害は計り知れない…」

「やんばるの森は、『やんばるくいな』など、世界でもここにしかいない動植物がたくさん住む地域。こういう動植物はえてして脆弱で生態系が少し崩れただけで影響が出る。 そういう森で、深夜まで爆音と熱風にさらされている…オスプレイは構造的な欠陥を持つ機体で、普通のヘリのようにゆらゆら揺れて着陸したりしない。ヘリの回転が弱いため、落ちるように着陸する。毎回毎回落ちるようなものなのだが、凄まじい爆音と熱を伴って落ちるので、落ちるたびに周辺の草木が焼ける」

「日本政府が騒音に対してもアメリカに対して改善要求をしたことはあったか。全く何もない。」

「ハーグ国際法によれば、占領国が占領した国の財産を取り上げて勝手に使うことは禁止されている。こうしたあってはならないことを、さも正当であるかのように取り繕ってきたのは日本の法律だ」

「土地が返還されることも確かにあった。しかし日米地位協定で、米軍には現状回復義務がないので、有害物質を含んだ土地がそのまま返還されるだけ。土地の使用履歴さえも示されないから、再利用もできない。山は砲弾打ちっぱなしで回収もされない。砲弾が原因の山火事は600件以上、消失面積は3万平方メートル以上。やりたい放題で捨てられてきた。」

「移転といっても、米軍がじゃあここに基地を移設するといえば、住民説明もなく、審議もなく、そこが基地になる。それが沖縄だ」

「2005年の合意で、沖縄駐留の海兵隊は数千人規模でハワイやグアム、オーストラリアに移転することが決まり、沖縄はローテーションでしかなくなった。(米軍沖縄基地は必要性が低い)」

「これ(宮古島、石垣島の自衛隊基地)はミサイル発射ができるトラックを含む施設。これは尖閣(の攻防)には関係ない。奄美大島にも作られる予定だが、これはアメリカの戦略(日本の自衛隊に代理戦争をやらせる)の一環。」

「要は米中戦争を避け日本対中国で(戦争を)終わらせるための軍事包囲網づくりにすぎない。南西諸島を通る中国艦船に攻撃するためのもの。海幹校戦略研究という、海上自衛隊幹部学校が2011年に創刊した季刊誌においてもこのことがはっきり書かれていた。毎年、夏頃にアメリカの海洋学校の翻訳論文が出るが(ウェブでも出る)、これにも書いてある」

「1997年の新ガイドラインで、米国が(日本国内の)民間の港湾に寄港できるようになった。これもおそらく各港湾の使い勝手をアメリカがチェックするためだと思われる。今はさらにガイドラインが変わって、民間空港で米軍と自衛隊が循環訓練できるようになっている。」

「(集まった市民は)国家権力による一方的な暴力に対し、徹底的に非暴力でたたかいきる覚悟を示しています。殴る、首を締める、肋骨を折る…高江で繰り広げられている、機動隊による暴力に憤った全国の市民たちが、今、続々と高江に集まりつつあります。もちろん、機動隊による暴力にのみ怒っているわけではありません。日本という国が、日米安保と地位協定によって、まったくの軍事的属国として米国に従属しながら、米軍基地という『膿』を沖縄に押しつけ、その他の地域にはまるで『膿』などないかのように振る舞う、そんな日本の根深い差別構造そのものに『No』の声をあげようとしているのです。(日刊IWJガイド2016.8.5  日号  )」