Sewayaki's Blog

新型コロナの治療薬  Ⅰ

スーパーシティ特区

医療保健行政の再建

検察庁法改正案固執の裏に

検察庁法改正問題

コロナ騒動裏でショックドクトリンⅢ

トリチウム水の海洋放出についてhttps

種苗法改定-自家増殖-採種-禁止法案-

「#検察庁法改正案に抗議します」

「バカな大将、敵より怖い」Ⅲ 

大学の独自判断による「医療維新」!

「馬鹿な大将、敵より怖い!」 Ⅱ

「種苗法改正」後の生活シミュレーション

「種苗法改定」迫る!

パルスオキシメーターでCOVID-19感染の重症化を予測?!

“韓国の成功事例”が憎い?!

「馬鹿な大将、敵より怖い」

食生活でコロナ対策

政権がPCR検査を断固増やさない理由は

医療崩壊の懸念

中国の脅威?

新型コロナはどこから

「新型コロナウイルス情報発信」開設!

日本のコロナ対策は…?!

コロナウイルスにどう取り組むか

森友事件 闇を照らす声を聴け!

コロナ騒動裏でショックドクトリン Ⅱ 

コロナ騒動裏でショックドクトリン

「iPS細胞研究費95%削減ごり押し」の動機を探る

「早期英語教育」☞日本が危ない!

コロナウイルスの「基本再生産数」

「施政方針演説」検証 

イラク占領と「日本モデル」

暗殺!自衛隊に中東派遣命令!

中村哲氏は誰に殺された?

なぜ逮捕状が取り消されたのか

日本が世界に貢献できる道は、これだ!

重大決定迫る!

「日本への原発導入元祖」死去

れいわ新選組 山本太郎を追って (2)

アーマーレビー堤防で洪水対策を!

アベ政権のまやかしとその正体  Ⅲ

アベ政権のまやかしとその正体  Ⅱ

アベ政権のまやかしとその正体 Ⅰ

自民党のマッチポンプ

れいわ新選組 山本太郎を追って (1) 北海道

集会・言論の自由

「幸福実現党」に幽霊が!?

日本がゴミ箱になる近未来

日本と韓国の近代史! Ⅱ

日本と韓国の近代史!

米国にとって日本は何

米国は従属国の独裁を好む

戦争すれば国は弱くなるんですよ

あの二個は「人体実験」だった!

史実を認める勇気を!

「核と日本〕」を動画でたどる

日米安保で日本、経済破綻か?!

経済制裁で墓穴を掘る似たもの同士

「有志連合」って?

国民民主、改憲勢力へ鞍替えか?!

第25回参議院選挙から民意を汲み取ると

「官邸参戦?静岡に異変」

自民党の街頭演説で

自民党の街頭演説で

候補者の政策課題

参院選の主要争点にすべきは、これ doc

国民の生活苦など、鼻にもかけない自民党!

「複雑心奇形」に放射能の影響が!?

血税で欠陥機大量購入

米国のママが始めた運動が世界の潮流に!

松下電器中国の「厳正声明文」

除草剤で発癌リスク「41%増」?!

「森林経営管理法改正法案」審議中!

「種苗法改正」

憲法学の「神様」樋口陽一氏にIWJがインタビュー

古館伊知郎が訴える緊急事態条項の危うさ

アベノミクスの尻拭いを緊急事態条項で

統一した韓国と北朝鮮は機会の地だ

政治を正す方法

日米安保関係の原理原則 2

日米安保関係の原理原則 1

「アベノミクス」の偽装を暴く 3)

『維新の正体』

「 金子文子と朴烈」

「アベノミクス」の偽装を暴く 2)

小川淳也衆議院議員の演説

ベネズエラの平和と安定のために

ベネズエラ情勢

医療費削減のため安楽死

「アベノミクス」の偽装を暴く 1)

『アメリカの汚名』2)

『アメリカの汚名』1)

米中覇権交代 2)

米中覇権交代 1)

水道の「再公営化」

水道法改正が成立!

大阪日日新聞論説委員

「徴用工」と「外国人技能実習生」

爪を隠した新緊急事態条項

全国知事会が…!

沖縄米軍基地に関するデマ検証

『全土基地方式』

日本列島“不沈空母化“

『英語化は愚民化』

植民地化の言語政策

改憲勢力を動かす巨大な闇の力

集団強姦事件またもや不起訴に!

「国民の権利」を「国民の義務」に?!

原爆投下の日に

「ナチスの手口」から学んだ?!

ギャンブル依存症

北朝鮮専門の課が新設

カジノ実施法案

「災害」 と 「緊急事態条項」

KAROSHI 大国日本

「働かせホーダイ」

家庭菜園でも自家採種はできない?!

ゆがめられた政治と教育

子宮頸癌ワクチン

市民の不満爆発!

偽証・捏造・改竄

米国の軍事オプション

「教育の独立を守った!」

教育現場不当介入

「都迷惑防止条例改正」

「原発忌」

文書改ざん認める

道徳教育の教科化

マイナンバー不記載

『アメリカの汚名』

「眼横鼻直」

憲法改正より日米地位協定の改定を!

労働時間延長の偉大な効果

村本大輔氏・爆笑コント

「戦争放棄」だけが生き延びる道!

1945年を繰り返すな!

イタリアの「五つ星運動」

米国の軍事オプション

「全滅させられる訓練」!

「指揮権密約」で自衛隊は…!

「種子を支配するものが世界を制する」

「民進党分裂」に関する極秘報告書

トランプ米大統領訪日

「野党再編」と 「野党共闘」

安倍総理、国連総会で演説

衆院解散選挙 2017年10月

プーチンが北朝鮮問題を解決する

福沢諭吉 と「ブラック企業」化の関係は?

日本の学校教育の「アメリカ化」

核シェルターより「草の根 反核運動」

よみがえる亡霊

忖度を生む「内閣府の肥大化」

「日本会議の研究」

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

大学の独自判断による「医療維新」!

大学の独自判断による「医療維新」!
(日刊IWJガイド2020.5.7 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/40149より)

※医療関係者向けサイト「医療維新」寄稿内容について(山梨大学HP)
必読➡https://www.yamanashi.ac.jp/about/25210

山梨大学病院、島田眞路学長の独自の判断で「医療維新」

武漢から帰国した男性に日本で初めてコロナが検出されたのが1月16日です。WHOが「武漢の新型コロナはパンデミックに該当しない」と発表し、日本国内ではまだ危機感がほとんどなかった1月下旬。山梨大学病院では、島田眞路山梨大学学長の独自の判断で、1月27日からコロナの感染拡大に備えて、旧病棟(約300床)の休止設備の準備をするなど、いち早く体制を整備していました。国内の医療機関でももっとも素早い対応の一つだったと考えられます。
島田学長が、医療情報サイト「医療維新」に寄稿した記事には、1月下旬に島田氏が中国でのコロナ禍の状況に衝撃を受け、病院内に体制整備を指示した様子から、その後のコロナ感染拡大への対応過程が生々しく記されています。
「1月25 日、春節を迎えた中国の武漢の様子を伝えるニュースを見て、私は目を疑った。1000 床の専門病院を2棟、10日余りで建設するというではないか。患者があふれる医療機関の様子も映し出され、医療者はフル PPE(個人防護具)で対応している――。WHO の判断とは異なる異様な光景に、直ちに準備を進めないと大変なことになると直観した私は、山梨大病院の感染制御、医療安全のメンバーに連絡を取り、山梨大病院として患者受け入れの体制整備を早急に進めるように指示をした」
島田学長は1月29日に開催された一般社団法人国立大学協会総会で、感染拡大への懸念について警鐘を鳴らしましたが、「医療者でない学長も多かったためか、全体的にしらけた雰囲気は否めなかった」とのことです。当時、国内では大学でさえ、そうした雰囲気だったのです。
その後、山梨大病院では、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」のコロナ患者を受け入れます。その中で、20代の患者に髄液PCR検査を行い、3月7日国内初のコロナによる髄膜炎/脳炎であることを発表しました。また、3月31日には、心肺停止で救急搬送された8か月の乳児にPCR検査を断行し、コロナに感染していることを突き留めます。この際は、乳児の救命に関わった医療従事者47人が濃厚接触者として14日間の就業制限となり、医療体制に大きな影響を受けました。しかし、この時のPCR検査の実施が、地域の基幹病院としての山梨大病院での院内感染拡大を防いだと、島田氏は述べています。こうした貴重な経験を踏まえ、島田学長は「PCR検査の不十分な体制は日本の恥である」と述べています。
同病院では、1月下旬から PCR検査体制の構築を図り、「院内感染を絶対に起こさないという目的の下、感度を上げて一刻も早く結果を報告するためのさまざまな工夫を積み重ねてきた」とのことです。 島田学長自身は皮膚科の専門家ですが、政府がPCR検査体制を拡充しないことを強く批判し、政府の専門家会議が「これまで一貫して PCR 検査の積極的活用には否定的だった」と指摘しています。
島田氏はジョンズ・ホプキンス大学やオックスフォード大学のデータをもとに詳細な分析を行い、日本のPCR検査数の国際的位置づけをあぶり出しています。その結果、「PCR 陽性患者数や死亡割合が近似する国や地域のPCR 検査数の国際比較」では、「日本の現状はパキスタンに最も近似していることが明らかとなった」と報告しています。パキスタンは、医療の質指標「Healthcare Access and Quality (HAQ) Index」が43 で、89 の日本とは大きな隔たりがあるとのことです。したがって、「PCR 検査実施数に関しては、医療資源に制約のあるパキスタンと同等の水準にあるのが今の日本の現実である」と結論付けています
さらに「途上国レベルの日本のPCR実施件数によって、死亡割合の母数である PCR 陽性患者数が、実数よりも少なく見積もられている可能性が極めて高い」と指摘。前述の医療の質指標HAQが日本と近いオーストラリア等との比較を踏まえて、「少なくとも約 5000 人、多ければ約 4 万3000人が途上国レベルの日本の PCR 実施件数によって見過ごされてきた可能性が強く示唆される」としています。
(…)これらにより「PCR 陽性患者数や死亡者数に現れない潜在患者が相当数に上った可能性」があることから、東京の永寿総合病院、慶応義塾大学病院、東京慈恵会医科大学病院、中野江古田病院、さらに「第 1 種感染症指定医療機関である都立墨東病院にまで院内感染が拡大した」ことを指摘。「途上国レベルの PCR 検査体制がもたらした全国に波及しうる問題」であり、「日本全国の病院にとって、現状は既にロシアンルーレットにも似た状況にある」と強く警告を鳴らしています。そして、日本のPCR検査件数が低い原因として、専門家会議が「限られたPCR検査の資源を、重症化のおそれがある方の検査のために集中させる必要がある」として、「3月下旬までは、地方衛生研究所・保健所が PCR 検査をほぼ独占してきた」ことを挙げています。さらに、行政機関である地方衛生研究所と保健所による「週末の PCR 検査件数の落ち込み」が「途上国レベルの PCR 実施件数の要因の一つ」であるともしています。
島田学長は、こうした分析を踏まえて、新宿区による新型コロナ検査スポットの設置や、横須賀市のPCR外来の設置などの新しい動きによる、地域独自のPCR検査機会の拡充を評価。それらによるPCR検体の採取を受けた、PCR検査機関として、民間会社と大学が果たす役割に期待します。「特に地方では、国立大学がこれらの役割を担うことなしに、他にどこが担えるというのだろうか」「地方の国立大学こそ蜂起すべき」と訴えています。(…)

東京慈恵会医科大の進める独自の検査体制―検査依頼から完了までわずか半日!

※「即日1件700~800円」のPCR、驚愕の全貌 「上手い」「速い」「安い」の3拍子揃ったPCRが誕生するまで2020.5.4必読➡https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60385 ~3
(…)センターは「上手い」としているが、「現在の基礎医学研究において、遺伝子レベルの解析は日常茶飯事であり、携わる研究者は普段からその取扱に長けています」(…)センターが原価を明かしているのも特徴的だ。大学の人件費の中で対応しているとはいえ、1検体当たり700~800円と説明する。保険適応の範囲を考慮することなく、“攻め”の検査ができますと指摘している。日本の保険適用の検査では、施設内では1検体で1万3500円、施設外だと1万8000円としている。(…)
あまり知られていないが、健康保険法等の遵守事項を定める厚生労働省令「保険医療機関及び保険医療養担当規則」では、保険診療の中で、健康診断を行うことは禁止している。平たく言えば、病気でもない人を対象に、保険診療をしてはいけないと定めているのだ。(…)「どんな病院でも入院医療が止まれば相当なダメージになる。それを避けられるならば、PCRの経費は十分に無視できるものになる」