Sewayaki's Blog

福沢諭吉 と「ブラック企業」化の関係は?

日本の学校教育の「アメリカ化」

核シェルターより「草の根 反核運動」

よみがえる亡霊

忖度を生む「内閣府の肥大化」

「日本会議の研究」

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相 ――辺野古新基地建設に固執しているのは、実は米国ではなく、日本政府&外務省?

昭和天皇がかつてマッカーサー元帥に宛てた「(*1 )沖縄メッセージ」というものがあります。「米軍による沖縄占領状態を長期間継続させることを依頼するメッセージ」です。現状をみるとこの昭和天皇の希望どおりに事が運んでいます。「ヤマトンチュ」はそれをいいことに沖縄に負担のほとんどを押し付けたまま、知らん振りを決め込んできました。

その結果、「(*2 )  ポツダム宣言」受諾後すでに70年が経過しているにもかかわらず、「(12) 連合国占領軍は、その目的達成後そして日本人民の自由なる意志に従って、平和的傾向を帯びかつ責任ある政府が樹立されるに置いては、直ちに日本より撤退するものとする。」 という状況に未だに達してはいません。 昭和天皇崩御後27年たった今、やっと私たち国民は自国が「(*3 )米国の属国状態」にあることに気づき始めたところです。  自民党政権による集団的自衛権解釈行使は「独立への道」どころか、自衛隊が米軍の指揮下に組み込まれるという更なる隷属をまねきます。

沖縄県民を「琉球独立」にまで思いつめさせる自民党政権のガムシャラぶりに見え隠れしているのは、「(*4 ) 利権」だけなのでしょいか?   ( *5)  春名幹男氏の著書「仮面の日米同盟 」によれば、外務省は、日米新ガイドラインをあたかも「米国が日本を守る」と解釈できるかのように翻訳してあるそうです。 また、 鳩山元総理が辞任に追い込まれる原因を作った外務省官僚の文書が、実は ( * 6) 仕組まれた偽造文書であった可能性が高まっています。

「安倍政権打倒」だけでは本質的なものに変わりはないのではないでしょいか。

2016年 2月 6日 セワヤキ www.sewayaki.de

 *1 ➡ http://www.geocities.jp/warera_tikyujin/law_war/okinawa_message.html

*2 ➡ http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/potsudam.htm

*3 ➡「安倍総理の『国家催眠』に引っかかるな」〜前泊博盛氏が日米同盟の現実を解説──「オスプレイが首相官邸に落ちたら、米軍が官邸を封鎖するだろう。日本は主権国家ではなく属国だから」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/279652   2015/12/19

*4➡「辺野古基地事業費の8割、730億円分を防衛省の天下り先企業が受注し、うち10社は自民党に献金している」~政府が辺野古に固執する「理由」を山本太郎議員が沖縄で暴露! http://iwj.co.jp/wj/open/archives/282297    2016/01/13

*5 ➡ 日米新ガイドラインに施された翻訳上の仕掛けとは ?
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/284665  2016/01/28

*6  鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相   緊迫する沖縄問題解明のための講演会――「最低でも県外」公約を断念するきっかけとなった書類が今は存在しない!? 外務省の役人が見せたペーパーは中身に虚偽が!? 虚偽公文書の作成にあたる可能性!? http://iwj.co.jp/wj/open/archives/285911 2016/02/04

■(・・・)鳩山元総理に対し、外務省の官僚が、3枚の(2015年4月まで極秘文書扱い)書類を見せ、鳩山氏に徳之島への移設を諦めるよう迫ったといいます。その書類には、在沖米軍の陸上部隊と海上部隊の訓練に関する事項が書かれており、両者の距離が65海里(120キロ)離れると、統一的な訓練を行うことができないと米軍のマニュアルに明記されている、と書かれていた といいます。(・・・)(極秘期間が解けた後、琉球新報などに調査を依頼したところ、「アメリカ軍がマニュアルに明記してある」というのは事実ではなかったことが明らかになった。)つまり、この書類は、鳩山元総理を騙して「県外移設」を断念させるために、外務省の官僚が仕組んだ虚偽文書である可能性が非常に高いのです。 IWJでは、当日、鳩山元総理が示した、この文書の1枚目の文字起こしを掲載。(日刊IWJガイド2016.2.6日号)

・・・・・・・・・以下IWJが写真撮影したページ1の内容・・・・・・・・・

普天間移設問題に関する米側からの説明 [極秘]

平成22年4月19日

 19日、在校米大で行われた標記米側説明の概要は以下の通り(米側出席者:ウィルツィー在日米軍J5部長、ヤング在京大安保課長、日本側出席者:須川内閣官房専門調査員、船越外務省日米安保条約課長、芹澤防衛省日米防衛協力課長)
1. 距離の問題(「65海里」(約120km)の問題)
(1)「65海里」は、回転翼航空部隊の拠点と同部隊が(陸上部隊と)恒常的に訓練を行なうための拠点との間の距離に関する基準があり、米軍のマニュアルに明記されている。念のためこの基準を超える例があるか調べたが、全世界的になく、最も距離のある例でも35海里(約65km)である。
(2)上記基準は、元々、多目的ヘリの無給油での航行可能時間が約2時間であるので、1時間を任務遂行時間とした場合、残りの1時間で航行可能な片道の距離(時速100海里(約241km)で計算)を基準に算出したものである。仮に徳之島(沖縄本土中北部から約104海里(約192km))に当てはめた場合、ヘリ部隊の中で最も速度が遅いヘリはUH-1であり(時速130海里(約241km))、右はオスプレイに代替される予定はない。訓練のためには給油が必要であり、その場合、給油地は嘉手納飛行場となろう。その際、給油に要する時間は最短で20-30分である。その上で、嘉手納飛行場から中部訓練場、北部訓練場への飛行時間は約15-20分である。更にその上で、1時間の訓練を行った場合、沖縄本島から徳之島まで帰るには、再度、嘉手納飛行場で給油を行ない、徳之島に飛行する必要がある。その場合、沖縄本当における1時間の訓練のために合計約4時間以上の飛行を要する。
(3)仮に沖縄本島の訓練場にヘリのための給油施設を作った場合でも、徳之島から沖縄本島までの距離は同じであり、訓練場の給油施設は嘉手納飛行場のそれに比較して小規模にとなることが予想されるため、例えば、中隊希望の訓練の場合、給油時間が格段に増大する。そのため、いずれにせよ、1時間の訓練のために合計約4時間必要となる。
(4)ヘリ部隊と陸上部隊は恒常的に訓練を共にしなければならい一方、上記のような運用は、陸地のない水域(open water)上を飛行するリスク、パイロットのストレス、機材の摩耗、燃料費の増大のコスト等を考慮しなければならず、全く持続可能ではない。
(5)仮に上記のような状況で訓練を強いられた場合、部隊の即応性の維持に必要な訓練 を十分に出来ず、部隊の即応態勢そのものに影響を与える。
(6)CH-46がオスプレイに代替された場合でも、ヘリ部隊は、通常の場合、輸送機(CH-46、CH-53、オスプレイ)、攻撃機(AH-1)、多目的機(UH-1)が統合されて運用されて運用される必要があるため、上記訓練の所要を満たすためにも、最も速度の遅いヘリに合わせる必