Sewayaki's Blog

「種子を支配するものが世界を制する」

「民進党分裂」に関する極秘報告書

トランプ米大統領訪日

「野党再編」と 「野党共闘」

安倍総理、国連総会で演説

衆院解散選挙 2017年10月

プーチンが北朝鮮問題を解決する

福沢諭吉 と「ブラック企業」化の関係は?

日本の学校教育の「アメリカ化」

核シェルターより「草の根 反核運動」

よみがえる亡霊

忖度を生む「内閣府の肥大化」

「日本会議の研究」

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

CV22オスプレイの横田配備

仮想敵国より怖いCV22オスプレイの横田配備

しんぶん赤旗2015年11月21日(土) 参考
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-11-21/2015112101_05_1.html

日米両政府が、米空軍横田基地(東京都福生(ふっさ)市など)に特殊作戦用の垂直離着陸機CV22オスプレイを配備しようとしている。
米海兵隊所属MV22オスプレイはすでに沖縄県の普天間基地(宜野湾市)に配備されていますが、米空軍所属CV22配備は日本初です。MV22より事故率が高いCV22を、人口が密集する首都東京に配備することは極めて危険です。

米国防総省は2015年5月、横田基地にCV22オスプレイ10機を2017年から順次配備すると発表し、安倍晋三政権も受け入れました。世界各地で事故を繰り返すオスプレイは「欠陥機」といわれ、なかでもCV22の事故率は、普天間基地に配備されているMV22の3倍にものぼっています。

横田基地は普天間基地と同じように住宅密集地にあり、周辺には学校や保育園、病院、住宅などがひしめいています。周辺住民は現在でも爆音被害と相次ぐ部品の落下や墜落など事故の危険にさらされています。そのうえCV22が配備されれば、住民・都民の安全はいっそう脅かされます。福生市長をはじめ周辺自治体の首長も強い懸念を示しています。

CV22とともに同機を運用する米軍特殊部隊が配備されることも重大です。
特殊部隊の任務は、真っ先に敵地に乗り込み、要人の暗殺や拉致、対テロ作戦などです。米軍は最近もイラクに特殊部隊を派遣しています。今年8月、沖縄本島沖でおきた米軍ヘリ墜落事故を契機に、米軍特殊部隊と陸上自衛隊特殊作戦群(千葉県・習志野基地)との共同訓練が秘密裏に行われていたことが明らかになりました。横田基地への米軍特殊部隊の配備は、戦争法の具体化と結び付き、自衛隊と米軍との共同作戦の強化の動きと一体のものとして、見過ごすことはできません。

横田基地では今月、400人規模のパラシュート降下訓練が強行されるなど米海兵隊・陸・空軍特殊部隊の訓練、基地強化の動きが、ここ数年顕著です。CV22の新たな配備は基地の増強にいっそう拍車をかけることは明らかです。(セワヤキ注: 横田基地に配備されるCV22オスプレイは、特殊作戦に使用されるもので、レーダー監視をくぐり抜けるため地をはうように高度数十メートルの低空飛行で敵地に潜入し、兵員をロープ伝いに降下・回収する――軍事ジャーナリスト前田哲男氏)

CV22の横田配備の深刻な影響は首都圏にとどまりません。最近発表された米空軍の「環境レビュー」には、CV22が沖縄県内の米軍射爆場陸自東富士演習場(静岡県)、米空軍三沢対地射爆場(青森県)などで実弾射撃訓練を行うことが明記されています。群馬県新潟県の上空でも訓練を実施することが記されています。全国各地に危険を拡大するオスプレイの配備撤回・中止の声を日本中に広げることが求められます。(以上「しんぶん赤旗」2015年11月21日より)

日本人の考えている仮想敵国は中国なのでしょうが、米国は日本と一緒に戦うとは全く言っていません。以下➡参照してください。
「米国は日本を守らない!」 日米新ガイドラインに施された翻訳上の仕掛けとは「仮面の日米同盟・米外交機密文書が明かす真実」著者・春名幹男氏http://iwj.co.jp/wj/open/archives/284665 2016/01/28
中国のミサイル1400発で日本は一度壊滅させられ、中国に花を持たせて戦争を集結させる。それが米国の戦略!」伊波洋一・元沖縄県宜野湾市長http://iwj.co.jp/wj/open/archives/279853  2015/12/21

➡「日中間の摩擦は外交で解決すべし!」東シナ海ガス田開発と南沙諸島埋め立て問題、「中国脅威論」を煽り安保法制を進める安倍政権の狙いとは? 横浜私立大学名誉教授 矢吹晋氏http://iwj.co.jp/wj/open/archives/255325  2015/05/01

怖い国とは仲良くするのが一番です。また、そのほうがオスプレイを買ったりするより、ずっと安くつきます。原発を抱えての戦争や紛争は自殺行為だということを考えたら、そもそも日本はとっくに「戦えない国」になってしまっているのです。そのことに、そろそろ気づいてもいいのではないでしょうか。

「中国は怖い!」と言う代わりに、「他国からの武力攻撃を受けない限り、日本は、こちらから他国を武力攻撃することは一切ない!」と断固として主張して回るだけでいいのです。

私の実家は陸自東富士演習場の近くにあります。有線放送で毎日のように「朝7時から夜10時まで演習場は立ち入り禁止・・・」というアナウンスがあります。そして、一日中大砲の音が聞こえます。そのたびに、「一体全体、誰を殺す練習をしているんだろう?」「一発ドーンとやるごとにいくら税金を使ってるんだろう?」という問いに苛まれます。世界遺産に指定された日本人の誇りであるあの霊峰富士の、その麓で、こういう危険な税金の無駄使いが毎日のようになされているのです。

日本の軍備も米軍基地も10年計画でも立てて、徐々に減らしていく方向に向かうべきです。その分を、学校教育、老人介護など社会福祉にまわして、国民の側に取り戻すべし! 不景気が20年以上続いている今の日本で、軍事費を増やすような税金の無駄遣いをする経済的余裕はありません。必要最低限の軍備で十分。なにしろわが国は、原発のおかげで「戦争できない国」になってしまっているのですから。

「中国の脅威」を感じている市民に聞いてみたい質問:
◆「中国が攻撃してくるかもしれない危険」と、「オスプレイが原発にまちがって落ちるかもしれない危険」が二者択一のとき、どちらを選択しますか?
◆「中国の攻撃に備えるためなら、頭上を軍用機がひっきりなしに飛び交うのに耐える覚悟がある」と確信を持って言えますか?
以下➡を参照してから上の質問について考えてみてください。

➡「あのオスプレイが、どうして日本の空を飛ぶの?」 基地問題の精鋭、沖縄タイムス元論説委員・屋良朝博氏が日本人の「主権意識」を問う─「普天間第二小学校では、敷地をかすめて軍用機がひっきりなしに離着陸を繰り返している。世界一危険な小学校で、子どもたちは校庭で遊んでいる最中に爆音で耳をふさがねばならない。事故も緊急着陸も頻発している」「嘉手納では1日200回、年間7万回にもおよぶ離着陸が行われている。嘉手納は町の約8割が基地の敷地に取られている」http://iwj.co.jp/wj/open/archives/211621 2014/12/06

「安倍総理の 『国家催眠 』に引っかかるな!」沖縄国際大学大学院教授・前泊博盛氏が日米同盟の現実を解説─「オスプレイが首相官邸に落ちたら、米軍が官邸を封鎖するだろう。日本は主権国家ではなく属国だから」─前泊氏は、アメリカが戦時中の日本を「国家催眠」と評したことに触れて、安倍政権もまた、国家催眠をうまく使って二者択一に国民を追い込む、と警鐘を鳴らした。2015/12/19  http://iwj.co.jp/wj/open/archives/279652

「普天間」か「辺野古」かの二者択一ではなく「外国軍基地は順次返還」していただくのが普通の国のあるべき姿だと考えるべきではないでしょうか。無条件降伏して受け入れた(*)ポツダム宣言を「つまびらかに」読むと、連合国占領軍代表である米軍が未だに撤退していない理由は、日本政府が「平和的傾向を帯びていない」し、「責任問題も誤魔化してしまう」からだとも勘ぐれないことはないです。
(*)(12)連合国占領軍は、その目的達成後そして日本人民の自由なる意志に従って、平和的傾向を帯びかつ責任ある政府が樹立されるに置いては、直ちに日本より撤退するものとする。(全訳☞ http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/potsudam.htm

2016年 2月 1日 セワヤキ www.sewayaki.de