Sewayaki's Blog

福沢諭吉 と「ブラック企業」化の関係は?

日本の学校教育の「アメリカ化」

核シェルターより「草の根 反核運動」

よみがえる亡霊

忖度を生む「内閣府の肥大化」

「日本会議の研究」

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

2016年8月15日

2016年8月15日

自民党による改憲が間近に迫りつつある2016年8月15日を貴方はどう過ごされたでしょうか。この改憲の主要な目的は、どう考えても、「自衛」ではなく「侵略」できる国に回帰させることにあります。今年は、そんな岐路に立つ重要な「終戦/敗戦 記念日」でした。

戦争に国民の気持ちを向けさせるための「装置・カラクリ」として、「靖国神社」が 明治以来 重要な役目を果たしてきました。その参拝者は増え続け、今年の8月15日には、なんと17万5千人という数字にまで達したようです。

戦死者の霊を慰めるための施設には、これとは別に、「千鳥ヶ淵戦没者墓苑(無名戦士の墓)」というものがあります。

この両施設のどちらを国民が選ぶかによって、「自衛」にとどまるか、それとも「侵略戦争」に舞い戻るのか、占えるような気がします。

2016年8月24日     セワヤキ    www.sewayaki.de

8月15日の靖国神社参拝客はここ数年、15、6万人前後で推移している
今年の参拝者は17万5千人と、昨年よりも1万4千人も多かった。小泉時代に次ぐ勢いだ。http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20130816-00027308/

千鳥ヶ淵墓苑のパンフレット
「千鳥ヶ淵戦没者墓苑(無名戦士の墓)は、軍人軍属のみならず一般邦人をも含み、また既に遺骨の一部を遺族に渡された人々をも含む全戦没者の象徴的遺骨を奉安した、国立のお墓であります。わが国には明治以来靖国神社がありますが、終戦後、宗教法人となり、外国の元首や使節等が、これに詣でることがむずかしくなり、諸外国の無名戦士の墓に類するものを官民一体で建てることになり…」

◆戦後71年 靖国神社/千鳥ヶ淵戦没者墓苑に集った市民の思い http://iwj.co.jp/wj/open/archives/325706 (日刊IWJガイド2016.8.20  日号参考  )

「みんなで靖國神社に参拝する国会議員の会」記者会見(2分41秒)
靖国神社参拝者・千鳥ヶ淵墓苑献花者へのインタビュー(5分30秒)

靖国神社を参拝された方々の多くは、参拝の動機について、「ここに眠っている『英霊』の犠牲のうえに私たちは今、こうして生きている」と明かしました。残念ながら、この日に靖国神社でインタビューした限りでは、戦争によって亡くなった旧日本軍の兵士の多くが華々しい戦死ではなく、飢えや病いによって命を落としたことや、いかに国家によってその命を軽んじられたか、そういった「犠牲者」としての側面について言及する方は皆無でした。 

千鳥ヶ淵戦没者墓苑には、「叔父(母の兄)が硫黄島で亡くなった」という男性がいました。男性の叔父さんの遺骨は見つからず、おそらく千鳥ヶ淵戦没者墓苑に眠っているだろう、ということで、毎年お参りにきているそうです。男性は、「祖母は、『国に騙された。硫黄島から帰ってきたのは、誰のものともわからない飯盒(はんごう)だけだった。靖国には絶対いかない。』と言っていた。」と振り返り、涙を浮かべました。 

千鳥ヶ淵戦没者墓苑には、元レンジャー隊の井筒高雄さんの姿も。井筒さんは再び日本が戦争できる国家へと踏み出す、それも何の用意も議論もなく踏み出そうとしていることに強い危機感を抱いていました。
「イスラエルと無人飛行機の共同開発をするというが、市民かテロリストかわからない人達をそれで爆撃することになるが、それでいいのか。経済面を優先すれば死の商人となってしまうということを、参拝者にも考えてほしい。」

故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ (8月14日付  東京新聞 《東京歌壇》)

「私の母は、可愛い弟をニューギニアで亡くしました。…『あの子は靖国なんかにはいない。ニューギニアに詣でたい。…あの子は戦死じゃない。飢え死にしたんだ。餓死させられたんだ。』…」http://kazenokinomamaniki.at.webry.info/201608/article_2.html